暮らしやすい住まい探し|査定が大切:不動産売却の計画を立てましょう
模型を持つ人

査定が大切:不動産売却の計画を立てましょう

暮らしやすい住まい探し

住宅模型

近郊と郊外での魅力

川越近郊には不動産情報を豊富に持つ不動産会社は多く、また情報サービスとして広告やサイトから購入の比較や検討する消費者も多い傾向です。業務核都市、保健所制令都市などの面を持ち、その便利さから地価も川越では上昇傾向です。こうしたエリアでは一戸建てより、マンションの住宅形態が人気で、耐震性や防犯性にも優れています。郊外では広い敷地も求められる一戸建てのマイホーム住宅が魅力で、庭付き、ペット飼育、増改築しやすさもあります。住居の広さも、マンションでは中古より新築の方が専有面積や間取りに余裕があると人気です。一戸建てでは、都心寄りの場合、狭小地の敷地を活かし、コンパクトでもこだわりを詰め込める注文住宅が人気です。郊外では、実質的に新築と出費が変わらないリフォームも兼ねた中古が人気で、敷地面積の広さで資産運用できるなど、リカバリーするパターンで評価されています。

知識を活かす

中核市として川越近郊には不動産会社も点在していますが、住宅形態はマンション・一戸建て、新築・中古などバリエーション豊かです。住まい探しのコツとして、住宅情報を何から、あるいはどこから収集するのかです。例えば、川越の不動産会社の中には友の会への無料の入会サービスが展開されています。希望する住宅形態や地域、広さや家族構成、自己資金などを登録することで情報収集が手軽に行えます。また、一般公募に先立って紹介してくれる情報提供なども利点となります。現在の価格相場を知る上でも役に立ち、最新の不動産ニュースなどから住まいに関する知識を身に付けるのにも有効です。例えば、永住を希望する場合、現在多少の不便な地域でも、将来の発展を期待できる中核市で、広くゆとりある敷地から住宅を選ぶことも得策となります。また買い換えを予定する場合、広さを抑えるなど、将来の資金計画まで視野を広げておくことも情報の上手な使い方です。